今さら聞けない開店祝いのお花の送り方

お店を一番はじめに開店するときに重要なものはなんでしょうか。当然に従業員や店舗の確保といった開業準備行為も存在するでしょう。しかし、お店を初めて開店するときは当たり前ながら心理的インパクトは重要です。全く人々に認知されなければ意味はありません。そして、そのインパクトとは開店祝いによって現れます。多くの人は、そこが初めて開店したことを容易に認識することができます。そう、「花」です。散歩や通勤中に道を通るとき大きな、そして色鮮やかな花をみることができます。「華」ともいいます。そこで、沢山のお客さんをつかむ事ができれば、これほどに良いスタートはないでしょう。開店祝いの花はそれほど重要な存在です。しかしながら、闇雲にそれを送っても意味は無いでしょう。なので、これからどのようにそれを選択すれば良いか書いていきます。

当然ながらプロに聞く方法が一番

花選びとはいっても、何でも贈ってよいものではありません。花には込められた意味も存在します。ただ、それっぽいという理由だけで送れば恥ずかしい思いをする可能性は高いでしょう。ならばどうすればよいか。当然ながら、一番初めの選択肢として出てきるのはフラワーショップで開店祝いに適したものを聞き、そして購入することです。フラワーショップの店員さんであれば、適切な花を見繕ってくれるはずですし、組み合わせも最適なものをえらんでくれます。また、それだけでなく花言葉も熟知しているため、開店を祝うということであれば、なおさらです。しかし、フラワーショップもどこを選択すればよいのか、わからないことも存在します。そのような場合は、インターネットのサイトで受け付けている店舗もあります。開店祝いの花がわからない場合もインターネットのサイトで注文すれば恥ずかしい思いをすることも無いでしょう。

花を贈ることは心を贈ることでもあります

開店祝いとして花を贈るときは、日ごろお世話になっている人や、仲の良い友人が事業を始めるときに贈ることが多いでしょう。なので、フラワーショップの店員さんに見繕ってもらう場合や、インターネットのサイトから選択することば非常に意義があります。少なくとも間違えることは無いでしょう。しかしながら、上の文章では恥ずかしい思いをするといった方法も決して最悪の選択ではないはずです。それは、自ら花を選び、組み合わせ贈ることです。送り主の心が伝われば、フラワーショップの店員さん等の花よりも受け取る人は喜ぶ可能性もあります。しかしながら、第三者の心理的インパクトを考慮すれば、最適な方法とはいえないでしょう。開店祝いの花を贈るときに、もっとも失敗しないやり方は、花の専門家に尋ね、見繕うのが一番です。胡蝶蘭等の花言葉も知っているはずです。でも、そこに自分なりの想いをスパイスとして込めても面白いかもしれません。

わがままオーダー承ります! 開店・移転などのお祝い花をお探しなら、東京の花屋リンクフローリストにお任せ。 開店・開業の祝い花を中心に産地直送の新鮮な花を取り扱い、お客様に対しての品質保証とアフターフォローの充実を用い確固たる実績がございます。 当社では、様々なシーンにおける贈り物用の花を扱っており、WEBで簡単にご注文いただける他、FAXやお電話でのご注文も可能です。 開店祝いに素敵なお花を贈りませんか